ラッピング方法のコツ

こんにちは。

今日のレッスンは、ラッピング方法のレッスンでした。
ベーシッククラスではラウンドアレンジのラッピングを、
キャリアクラスではアシンメトリーアレンジのラッピングを一人一人見ていきます。

20170418-01s

20170418-02s

ラッピングの方法はいろいろです。
星型にする方法もあれば、トライアングル(立体的)に仕立ててアレンジメントを保護する方法。

作った形によってラッピング方法は異なってきますが、共通して心がけたいコツがあります。
それは、一枚のセロファンやラッピングペーパーをつまんだり、折ったりしながら形を作るときに、「対角線上」を意識すること

中心がずれないので包むアレンジメントが動かずにきれいに包むことができます。

最初、難しいようであれば大き目で動きにくい鉢(花器)でやってみてください。
軽いと動いて下の部分が弛んでくるので、重い花器でのチャレンジがオススメですよ。

line
上のクラスで作ったアレンジメントはアシンメトリー。今日はデモは無かったのですが、性質をいかした花活けでした。
20170418-04s

20170418-05s

20170418-03s

ラッピングのレッスンはまだまだ続きます!
これからレッスンを受ける方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。