Fra cotta Decoがウェディングフラワーで大切にしている“想い”は「完全オーダーメイド」「生花等を使ったお打ち合わせ」「鮮度と美しさ」の3つ。 これらは全て自分自身が経験をしたウェディングで大事にしたいと思ったこと、大切にしたいと感じたことです。 この3つの“想い”に至るまでの経験談を書いています。

ウェディングブーケや会場装花は、花嫁様の数だけスタイルがあります。一緒にたった一つの“幸せ”を創りましょう。

 

生花やカラーサンプルを使いながらウェディングブーケの色あわせや、採寸を行います。これで結婚式当日も安心です。

 

ウェディングフラワーで大切な「鮮度」と「美しさ」。それらを保ったままお届けするために様々な工夫をしています

 

TYPE1:アジアン風ウェディング 

01.出会い

初めてお会いしたのは6月。事前にインターネットからご予約をいただきまして、1時間ほどのお打合せをしました。 既に挙式を海外で挙げられていたお二人にとって、今回のウェディングは大切なお友達へのお披露目パーティー。 海外挙式の様子をそのままリアルに伝えたいという想いから、今回の披露宴のテーマは「アジアをテーマにしたウェディング」。

フラコッタデコでのお打合せでは、まず挙式日や場所などの基本事項をご記入いただきますが、同時にお二人がイメージするウェディングのテーマや、メッセージをお尋ねします。

一緒に、最高のウェディングを創っていくために、新郎新婦と同じ気持ちでお花と向き合い、具体的な提案しながら打ち合わせを行います。

02. 身近なのに個性的

今回のウェディングフラワーのご希望は、ウェディングブーケ、ブートニア、メインテーブル、ゲストテーブル、ヘッドドレス、ケーキ装花、階段装花など多くの場所・箇所の装花でした。

最初に、新婦が持つウェディングブーケを一緒に考えていきました。新婦様がお召になる予定のドレスをデジカメ写真で拝見したところ、上品なホワイトに、ウェディングドレスのバックにはパールをあしらった花びら。なんとも上質な雰囲気。

そのウェディングドレスの質感を維持しながら、大好きな「ヒマワリ」をウェディングブーケに入れていきたい、という新婦様のご希望でした。そこで、具体的なブーケの色をお店に展示している生花を使って表現してきました。

「ヒマワリ」にも、沢山の種類があります。私たちが良く見るヒマワリは中央も花びら周りも黄色。一見、元気があって良いのですが、新婦様の雰囲気やウェディングドレスに合わせると、なんだか庶民的になってしまいます。そこで、提案をしたの、中央が茶、そして周りの花びらは茶から黄色へと色が変化している個性的な色のヒマワリ。 「このようなヒマワリがあるのですね!」と驚いていただきました。

お花は、日々変化しています。「個性的なお花を提案」というと「知らないお花」をイメージしますが、実はお客様の好きな身近なお花でも、何度も見返してしまうような個性的な色やカタチが沢山出ています。 身近なのに個性的、そんなお花の提案をしていきたいと思っています。

03.新郎も遊び心あるブートニアを。

続いて、新郎様のブートニア。フラコッタデコでは、ウェディングブーケをご注文いただいたお客様に、お揃いのブートニアをプレゼントしております。

プレゼントのブートニアですが、新郎様のご希望があれば、こちらも一般的な形はもちろん、様々なスタイルを提案しています。最近では、男性のブートニアも遊び心のあるカタチも流行っているのですよ。

今回は、仲の良いご友人とのお披露目会で、ご友人たちにも「アジアン&ハワイ」をテーマとしたドレスコードとのこと。そこで、新郎様もブートニアを使って表現なさいました。 新郎様からは「剣のようなブートニア」というご希望をいただきました。

“テーマをお聞かせいただき、それに合ったウェディングフラワーのご提案をしていく” 私たちにとっても、もっとも楽しく、ワクワクする打ち合わせです。

04.予算オーバー!どうしよう!

フラコッタデコでは、打ち合わせ日当日にお見積りをお渡しします。お打合せの内容を受けて、ご注文いただいていた項目別にお値段を出しています。

今回の場合、お見積り金額が、当初のご予算を上回ってしまいました。 ウェディングフラワーは、最低カタチにするためのお値段(最低価格)というものはありますが、実は使うお花の種類やカタチを工夫することでご予算内におさめることができる場合もあります。 そこで、ご予算をお伺いして、これまでのお打合せの内容をできるだけ表現できるウェディングフラワーを一緒に考えていきました。

例えば、絶対に妥協したくない部分、ちょっとお花の種類をかえて色目だけは打ち合わせ通りにお作りする部分など、予算を考え削れる箇所と、そうでない箇所を相互に確認していきます。

05.さあ、当日!!

当日は、現地での装花の時間によって1時間~2時間くらい前から準備を始めます。事前に、会場のプランナー様にも連絡をして伺います。

今回は、会場装花の中でもゲストテーブルに準備の時間を十分に取りました。アレンジメントをゲストテーブルに等間隔で配置するだけではなく、ゲストテーブルのお花がつながっているような華やかな雰囲気を演出したかったからです。

まず、テーブルセンターに長い葉っぱを置き、生花を使ったテーブルセンタークロスを作ります。シンプルなテーブルクロスでしたので、グリーンが鮮やかに映ります。 そして次は、丈が長いお花を挿してしてきます。どのお客様のお席の前でもお花が咲いているように、隣り合うお花が互いにつながって見えるようにするためです。

そして、最後は花びらを所々に散らしていきます。鮮やかな色の花びらはそれだけで存在感がありますが、今回は新婦が持っているウェディングブーケで使用したお花と同じ花びらを散らしました。

    TYPE1:大人のこだわりウェディング 

    01.ラフスケッチ

    「道に迷ってしまって・・・」とお電話をいただいたのが、初めての会話でした。 住宅街の中にひっそりと佇むFra cotta Deco。最寄りのJR阿佐ヶ谷駅からは徒歩5分程度の場所ですが、ちょっと奥まった場所なので、迷う方も多いのです。 お電話をいただき、すぐに新郎新婦様を近くまでお迎えに伺いました。

    通常の、お打合せは約1時間程度。最初は、沢山あるウェディングフラワーの中でも、メインとも言える新婦様のブーケから打ち合わせをします。 お召になるドレスのラインや、お色目などを拝見して、ご希望をお伺いしました。

    ウェディングブーケにも沢山の種類がありますが、今回は「赤」と「白」の2色のみを使ったアマリリスのブーケがご希望。 しかし、お打合せをしながら心配なことが1つありました。それは、「赤」と「白」はそれぞれにしっかりとした主張があるので、 下手に作ると「紅白まんじゅう」のようになってしまうのではないか、という不安。

    通常、ブーケや花束を作るときには、同系色のお花を合わせたり、グラデーションを付けたり、反対色のお花をポイントに入れて見せ場を作ったりしますが、 「赤」と「白」だけのブーケをどのように素敵に制作するかが腕の見せ所となりました。 そこで、まずはラフスケッチをお作りいたしました。

    02. お見積もりからご発注

    通常、お見積りはウェディングのお打合せの最後にご提出いたしますが、今回の場合はどうしてもブーケに使いたい紅白のアマリリスを確実に入手できるかどうか、市場に確認する必要がありました。 また、出回る時期によって花材の価格もバラバラ・・・。

    そのため、ラフスケッチのご提出とともに、後日メールでお見積りをお送りいたしました。 お見積りは、ご注文いただいたウェディングフラワーごとにお値段をお出ししています。

    今回は、挙式用のウェディングブーケ&ブートニア、お色直し用のウェディングブーケ&ブートニア、ヘッドドレス、贈答用花束をご希望いただきました。 ラフスケッチのイメージの確認や、お見積もり金額についてなど、何度かお電話でお話しをさせていただいた後に正式にご発注となりました。

    03.友達が作ったウェルカムボードにお花を添えて欲しい。

    挙式日も近づいたある日のこと。お客様からご連絡をいただきました。 「友達がウェルカムボードを作ってくださるのだけど、生花で装花をお願いできますか?」とのことでした。

    挙式日1週間前までのご注文は承っておりますので、まずはお友達が作られる予定のウェルカムボードの大きさや雰囲気をお伺いしました。 ご親切にデジカメで撮影をした写真をお送りいただきましたので、ますます具体的な色目が分かりました。

    当日、ウェルカムボードに装花するお花は、「お友達の想いが詰まったウェルカムボードを引き立てるようなお花を」。ウェディングは、様々な方と一緒に作り上げていくことですから、私たちもワクワク・ドキドキです。

    04.さあ、「花を咲かせましょう」

    ウェディングブーケ制作というと、お花を市場で買ってきて、それを束ねて完成、というイメージをお持ちの方も多いと思いますが、実はもう一仕事あります。

    それは、ウェディングブーケに使うお花を最高の状況でお届けするための下準備。 今回使用の花材は、市場で「つぼみ」で売られていることが多く、仕入れたお花を花屋で咲かせなくてはなりません。 ですが、早めに咲かせすぎてはいけませんし、つぼみのままでは綺麗とは言えません。 天気予報の気温などを参考にしながら、仕入れたお花を丁度良い具合に咲かせなくてはなりません。 時には、ヒーターを使ってみたり、置く部屋をかえてみたり、同じ花材でも5分咲き、7分咲きなど咲き具合を調整して使いたい場合などは花材を分けて咲かせます。

    そして、最高の状態の花々を使ってウェデイングブーケを束ねていくのです。

    05.直接会って「おめでとう!」

    当日は多くの場合、新婦様に直接ウェディングブーケをお渡しできるようにお届けしていますが、ヘッドドレスをご注文の場合、新婦様よりも早く会場に入っています。

    「このブーケはこちらを前に持ったほうが素敵ですよ」

    「ヘッドパーツはこのようにお持ちしましたので組わせてお使いください」

    このように注意事項を新郎新婦様、もしくは会場のプランナー様にお伝えをしています。

    当日は、なかなかゆっくりとお話しする時間はありませんが、直接、新郎新婦様にお会いして「ご結婚、おめでとうございます!」と声を掛け、お花を通じてお祝いできることが、本当に嬉しいです。

    今回、お打合せやお電話でお話しをするたびに「楽しみです」とおしゃってくださったことを胸に、一緒にウェディングを作り上げることができました。 ウェディング当日が近づくにつれて、私たちも「楽しみ」であり、同時に「わくわく」していました。 どうぞ、おふたりの末永い幸せをお祈りしています

      TYPE1:和のウェディング 

      01.和婚のイメージ

      和のウェディング―

      雑誌を見ると、和の特集がない限り洋花メインのウェディングフラワーが掲載されています。けれども、最近では依然に比べて「和」のウェディングを挙げる方が多くなっているように感じます。

      何百年と続く由緒正しい神社で、式を挙げたい

      厳かな雰囲気のなかで、契りを交わしたい

      最近では伝統的な白無垢の他にも、色打掛や黒引きをはじめ、時には洋装で式を挙げる方もいらっしゃいます。 和婚の打ち合わせも、通常のお打合せと同様に約1時間程度のお時間をいただきながら、 まずは新郎新婦が伝えたいメッセージやテーマは何か、どんなお召し物をご用意しているのか、といったことを中心に打ち合わせを行います。

      今回は、地味な印象になりがちな「和」を、うまく「洋」と融合させて華やかに演出したい、ということと、お花以外にも「実」を使った季節感あふれる雰囲気にしたい、というご希望でした。

      02. 花を使ったお打ち合わせ

      和婚の場合は、ほとんどの場合、ウェディングブーケがありません。 そこで、はじめに新郎新婦が座るメインテーブルフラワーのお色から決めていきます。 たとえば、テーブルクロスの色は何色なのか、新郎新婦の席の後ろの屏風、テーブルの長さ・幅などを中心に会場のハードウェアについてお尋ねしていきます。

      ひととおり会場の様子をお伺いした後は、お召しものとのバランスなどを考えながら、華やかに、かつ大胆で、厳かに見えるようなお花をご提案していきました。 秋頃のウェディングでしたから、和と相性が良いダリアや、バラの実など季節感を意識しながらご提案してきました。

      このお打ち合わせのときに、フラコッタデコとしては大切にしていることが1つあります。 それは、お花というものは、雑誌や本の写真を組み合わせて、言葉で説明をしてもなかなかお客様には伝わらないものなのです。 そこで、可能な限り、お店にある花を使いながらメインテーブルの色のバランスを表現していきます。 今回も、お店の中に和にピッタリなダリアがありましたから、それを手にとって一緒にイメージを膨らませていきました。

      「当日のイメージが湧きました」

      この言葉を聞くことができれば成功です!

      03.ケーキナイフなどのウェディングアイテムも。

      和婚というと、三味線や琴、鏡開きなどの演出をイメージしますが、最近では和婚でも中華料理を楽しんだり、ウェディングケーキを用意したりと和と洋を融合した披露宴も多くなっています。 ウェディングブーケとしてボールの形をしたボールブーケをお持ちになる方もいらっしゃいます。

      今回は「和」の会場ですが、洋花を使ったケーキ台装花、ケーキナイフの他にも、贈答用の花束、受付花、ヘッドドレスなどをご注文いただきました。

      途中、お打合せでご予算をお伺いしました。 通常、お打合せの後にお見積りをご提示しますが、ご注文いただくウェディングアイテムが多い場合は特に、事前にご希望をお伺いしています。

      というのも、イメージ通りのウェディングフラワーをお届けできるように、予算内で具体的な提案を行いながら打ち合わせができるからです。 例えば花材で工夫できることや、仕入れで工夫できることをお伝えしながら、お打合せを進めることができます。 今回も、1回のお打合せで当日を迎えることができました。

      04.料理と同じ!段取り上手は花上手!

      ウェディングフラワーの制作は、お届け日の前日。これが鉄則です。

      まずは、新鮮なお花を、ベストな状態でお届けするために、花持ちなどを考慮しながらスタッフで制作順序を考えます。 たとえば、ヘッドドレスはできるだけ挙式直前に作ります。 お花が水切れしないように加工はしますが、短く切ってしまうために十分に花持ちに配慮しなくてはなりません。 一方で、オアシスに活けているメインテーブルやゲストテーブルは水を十分に茎から吸うことができるため早めにつくります。

      このように、当日に新鮮なお花を綺麗な状態でお届けできるように、料理と同様「段取り」が重要なのです。

      05.さあ、当日!!

      当日は、朝から大忙し。まず、贈答用花束はラッピングを直前に行います。これも、新鮮な状態でお届けするための一工夫。 新郎新婦様がご両親にお花をお渡しするときに、綺麗な状態で花を咲かせているように最大限にココロを配ります。

      夏場にウェディングブーケを届けするときには、車の中が高温になってしまうことも・・・。少しでも鮮度を保つだめにも、保冷剤が付いたケースにウェディングフラワーを入れて、直前まで冷蔵管理します。これも、お届けの工夫ですね。

      そして会場に到着!会場によってですが、テーブルクロスやカトラリーのセッティングが未だな場所もあります。 そのような時は、出来る限りスタッフが会場にとどまり、スタッフ自らがセッティングを行います。ウェディングはそれぞれのプロが集まり、最高の状況に仕上げているのです。

      私自身も「和婚」の経験者。ウェディングだけではなく、これからの人生、節目節目でお世話になる神社様。 年に1度の初詣だけではなく、子供が生まれれば「初宮」、「七五三」・・・と、何度と訪れる場所。 このウェディングがそのスタートとなります。 そのような記念すべき日を、お花を通じてお祝いできてうれしいです。おふたりの末永い幸せをお祈りしています。

        < prev
        next >
        massmedia13
        リンネル 

        2017年2月号
        「リンネル 2017年2月号」相楽 樹さんの旬アイテム着まわしのページに…
        media
        ASAGAYA LIFE

        杉並区「阿佐ヶ谷・高円寺」エリアの暮らしに役立つ情報やおすすめスポットに掲載されました。 ひとあじ…
        massmedia12
        ケイコとマナブ

        2015年3月号
        「30代女子がずっと恋したくなる仕事」という特集に掲載されました。仕…
        massmedia13
        MISS【ミス】ウエディング

        2015年春夏号
        「MISS ウエディング 2015年春夏号」和装スタイルのページにて…
        massmedia11
        Best Flower Arrngement ベストフラワーアレンジメント

        2014年秋号
        「秋のギフトアレンジセレクション」という特集の中で、Fra cotta…
        massmedia10
        MISS Wedding [ミス]ウエディング

        2014年秋冬号
        「幸せオーラに満ちた花物語」という特集の中で、Fra cotta D…
        もっと見る